アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

海の家でバイトした楽しい思い出

投稿者:Pon de ringさん

高校時代ですが、2年間、夏休みだけ海の家でアルバイトしていました。もともと部活の先輩がやっていて、先輩が卒業するとともに空きが出たので紹介してもらって仕事を始めました。


ちょっと有名な海水浴場で、私もよく行っていたので、場所をよく知っていますし、それもあってすぐにその場に馴染んで楽しく仕事ができたと思います。


1日の始まりは浜辺のゴミ拾いからスタートします。その後、机やいすのセッティング、お客さんが来たら飲食物の配膳・後片付けなどが一連の仕事です。


時給は高校生なのですごく安かったですね。700円くらいでしょうか。タイムカードがある訳ではないので、自分できちんとカウントしておかないと、ご主人から少なくお給料をもらったりするのでは・・と最初は心配でしたが、最後にまとめてお給料を頂いた時、予想以上に多く入っていたのを覚えています。一生懸命頑張った分、おまけで少しアップして入れて下さるのを後で知って、すごく嬉しかったです。


海の家ではよくお客さんとの出会いがある・・と聞いていましたが、たくさんの方とお知り合いになれて、とても楽しく刺激のある高校生活が送れたと思います。2年間で顔なじみのお客さんも増えましたし、受験を控えて3年目は出来なかったですが、一度、夏休みに遊びに行ったら、ご主人や奥さんがちゃんと覚えてくれていて嬉しかったし、顔なじみのお客さんが、私が居ないことに気付いて心配してくれたんだそうです。


仕事自体は体で覚えていくという感じで、何年もやっているバイトの先輩に教えてもらいながらやっていくので、無理なく楽しく仕事ができます。


この仕事で辛かったことは、やっぱり暑さですね。調理場にも立たなければならないので、途中、熱中症になりかけた時もありました。水分補給は自分で管理しなければなりませんが、忙しい時は飲んでいる暇もないので、そういった時は途中で倒れそうになったこともありました。ちょっと体力がない人には難しい仕事かもしれませんね。


あと、夏休み終わりには全身の皮がめくれてお風呂に入れなかったですが、それもまた良い思い出だと思っています。


嬉しかったことは、上にも書きましたがリピーターさんと顔なじみになって、私のことを覚えてくれていた時ですね。海の家には実にたくさんのお客さんが来るので、お客さんとの会話がとても楽しかったです。1年目はなかなか会話を楽しむ余裕もなかったですが、要領がわかった2年目は本当に楽しく仕事ができました。他の海の家にバイトで来ている方と仲良くなって、一緒に遊んだり、片付けの後、夜にみんなで花火をしたりしたのも貴重な思い出です。


海のリゾート・バイトを探す

関連記事

まさに青春って呼ぶのにピッタリな、ひと夏のバイトの思い出
リゾートホテルの泊まりこみのバイトの思い出と海
主人と出会えた海でのバイトの思い出は宝物です
海の家でかき氷の販売のバイトをした思い出
夏の伊豆の民宿にいた学生のバイト