アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

仲間がたくさんできた、貴重なカラオケ店のバイトの思い出

 >  >  > 仲間がたくさんできた

投稿者:じゅげむさん

僕は学生時代にカラオケ店でバイトをしていました。ぶっちゃけ、楽しかったですよ。


それまで、事務だとか、引っ越しだとか、そういう硬派なのをやっていたんですけど、どれも長続きしなかったんですね。それが、残りの学生時代のほとんどは、ずっとそこでバイトしていたぐらいでしたから。よほど楽しかったんですね。


そのカラオケ店は、繁華街の中にありました。たいていが、どこかでお酒を飲んでから二次会でやってくるようなお客さんばかりのお店。酔っ払いの相手をするのは初めてだったんで最初は戸惑いましたが、すぐに慣れましたね。みんなが楽しそうな顔をしているのを見るのは、面白かったんですよ。


実は、その頃、学校の仲間とバンドを組んでいたりして、ライブもしていたのでノリノリな人を見るのに親近感があったんです。みんなが椅子の上で飛び跳ねたりしてるのを見ると、ついつい嬉しくなったものです。僕らも、仕事が終わるとバイト仲間で集まって、ちょっとだけカラオケをするんですが、やっぱり椅子の上で跳ねてましたからね。


そんな風に、みんな自然と仲良くなった。ふだんはそれそれが違う立場なんですよ。でも、やっぱりバンドをやっている人や、DJをやっている人、美容師をやりながらっていう人もいましたが基本的には音楽が好きっていう共通項があって結束を固くしたんですね。ちょうどカラオケの歌本にも、フジロックに出演してるようなコアな日本人バンドの曲も載り始めた頃でしたから。そういうのを見つけてはみんなで歌うんです。知らぬ間にね、忙しく働いていたストレスも、その店で同時に発散できてたんです。


“その歌、俺も知ってる”なんていっしょに歌えば心も通じ合って、さらに仲間意識が強まるってものです。やがて、バイト同士で、お互いのライブやイベントに行き来したり、さらにはいっしょにバンドを組んだりするようにもなったんです。


もちろん、音楽関係じゃない人たちもいましたけれど、いっしょに歌ったりするのって、話をするよりも打ち解けやすくて、すぐに仲良くなってお花見やキャンプとかにも行ったりしました。よい思い出を作れましたよ。


未だに連絡を取り合ったり、ずっと仲が良いのが、思い出が充実していた証しでしょうね。それでいて仕事もちゃんとしてましたよ。でも、同時に楽しむことができたっていうのも僕らにとっては重要なんです。


夜なので時給もよかったですしね。友だちに聞かせても、いい思い出だよなって羨ましがってくれます。あんなにいい友人ができて、しかもいい思い出が作れたバイトはもう他にはありませんよね。

カラオケのアルバイトを探す


関連記事

カラオケのバイトで歌がうまくなったような気がします 
土日だけカラオケ店で働いた楽しいバイトの思い出 
芸人?も来たカラオケ店のバイト 
カラオケ店のバイトは意外と暇ですが大変なこともあります