アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

飲食店でのアルバイトで学んだこと

投稿者:JUNさん

私は、学業に影響のない範囲内ならば学生の方は積極的にアルバイトをすべきであると考えています。というのは、アルバイトをすることにより学校の勉強では学ぶことのできない多くのことを身をもって体験できるためです。


私も学生時代にはさまざまなアルバイトを経験してきました。そしてそのときに体験したことは社会人の今となっても非常に役立っていると思います。
いろんな仕事をしてきたのですが、その中で最も思い出に残っているのは飲食店での仕事です。


大学時代に経験した仕事だったのですが、それまでは家庭教師など、どちらかというと個人的に行える仕事ばかりを経験していました。一度チームで行う仕事を経験したいと思い、飲食店での仕事を始めました。実際にやってみて、はじめに気づかされたことはあくまでも中心はお客さんなので、そのお客さんのペースに合わせて仕事をしなければならないということでした。


はじめのうちはどうしてもそのペースにあわせられず、仕事が停滞しがちになって店長の方からいろいろとしかられました。また仕事をはやくこなそうとすると、どうしても作業が乱雑になり仕事の質という面でも不十分となり、この点についても店長からしかられました。非常につらい状況で仕事をしていたのですが、このようなときに助けてくれたのはほかのアルバイトの仲間たちでした。励ましてくれたり、仕事を教えてくれたり、サポートしてくれたりしているうちに、私も仕事に慣れてきていろいろと仕事において工夫するということも覚え、それにともなって徐々にしかられるということはなくなっていきました。


結局、この飲食店での仕事は学業の都合のために、3ヶ月ほどでやめなくてはならなかったのですが、ここでの経験を通じいろいろな重要なことを学ぶことができました。この仕事において学んだことはというと、仕事は一人でできるものではないということ、さまざまな方のサポートがあって成し遂げられるということ、チーム全体でお客さんのために仕事をしていく必要がある、ということでした。これらは学校の教育では決して学ぶことのできない貴重な学習であるといえます。


そしてこれらのことは社会人にとっても非常に重要なことといえます。社会人になる前の、このような仕事の基本を学ぶことができたのは非常にラッキーであり、また店長からいろいろとしかられたということも今となっては良い思い出として思い返すことができます。

ファミレス・レストランホールスタッフのバイトを探す


関連記事

喫茶店でのウェイトレスのバイト
 
飲食店のバイトは楽しい思い出があります 
吉祥寺での飲食店のボーイのアルバイト 
喫茶店のホールのアルバイト