アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

喫茶店でのウェイトレスのバイト

 >  >  > 喫茶店でのウェイトレス

投稿者:MIKAさん

私がはじめてアルバイトを行ったのは高校生の頃で夏休みを利用してのものでした。同級生はすでにアルバイトを経験していた人も何人かおり、私も本格的に就職するまでに仕事を体験しておきたいと考えていました。


バイトにもいろいろな種類がありましたが、友人たちは焼きたてパンのお店や飲食関係の仕事をしていたことが多かったこともあり、働きやすそうだし、もともと飲食や料理の仕事には興味があったので、自分もそういった仕事ができればと考えていました。当時は今のようにインターネットで仕事が探せるという時代ではなかったので、情報誌や人づてに情報を探していました。そこで親戚から良い仕事を紹介してもらうことができ、面接を受けることとなりました。


はじめての仕事は喫茶店でのウエイトレスでした。飲食店の仕事の中でも、特にきれいですしおしゃれなイメージもあり、仕事が決まったときは嬉しかったです。


それまで働いた経験がなかったので、当初はとまどうことが多かったものです。注文を聞き違えてしまったり、せっかくできたドリンクを落としてしまったり、間違えて別のテーブルに運んでしまったりとさまざまな失敗もありましたが、数日もすれば慣れてきて、効率よく働いていけるようになりました。


最初は注文を聞いたり、できたお料理を運んだり、あと片付けなどの仕事でしたが、慣れてくるとレジも任せてもらえましたし、忙しくない時間を利用してドリンクのつくり方や簡単な調理を教えてもらうことができました。働いていたのは夏休みの間でだいたい40日、そして時給は700円程度だったと思います。同世代のアルバイトも多かったので、特につらいと思うことはなかったですし、仕事に慣れてきてかなり活躍できるようになるとオーナーの方にもほめてもらうことができ、それも嬉しかったです。


そして、当時は両親も離婚しており、母親の借金などもあり、贅沢はできない環境にあったので、お小遣いをもらえるということもほとんどなかったのですが、自分で得たお金で好きな洋服を購入したり、学校で必要な文具を遠慮せずに購入できたのも嬉しかったです。少しの間ですが、初めての仕事の経験は今でも良い思い出として残っています。


その後はいろいろな仕事を行いましたが、やはり一番良かったと思うのがはじめての喫茶店での仕事でした。仕事はつらいものと心配していたのですが、とても楽しく働くことができたので、また新しい仕事を探すときはもっと楽しく働けるところを選び、よりいきいきと活躍したいと思っています。

喫茶店のバイトを探す

関連記事

飲食店でのアルバイトで学んだこと  
飲食店のバイトは楽しい思い出があります 
吉祥寺での飲食店のボーイのアルバイト 
喫茶店のホールのアルバイト