アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

フリーター主婦のバイト経験

 >  >  > リビング関係のアイテムの展示会

投稿者:主婦はフリーターさん

フリーター主婦とでもいいますか、時間があるときに時々バイトをさせていただいています。短期や単発のお仕事を中心にやっています。


最近やらせていただいたバイトの思い出といいますと、イベント業務です。昔ちょっとデパートなどで販売員をやった経験があるので、イベント販売員のお仕事に応募したら採用されました。場所は東京ビッグサイトです。見本市のような類の大規模なイベントが開かれる会場です。西棟、東棟とあって建物の中は大きな会場がいくつも並んでいるのです。


まず自分の働くべき会場探しからです。朝、西棟何番の部屋の2165番のブースに来てください、といったような指示でしたので、その番号のブースを探すのに会場を右から左まできょろきょろしながら歩きました。やっと場所にたどりついたら会社の方も来て、まずは会場の設営からです。今回の仕事は、リビング関係のアイテムの展示会なのです。


まずコンクリート打ちっ放しの会場の床にカーペットを敷くところからです。それからトラックで運ばれてきたインテリアのサンプルを会場内へ運び込んで梱包をほどいていきます。インテリアのサンプルが入った段ボールを20〜30箱も運び込んだ時点でけっこうしんどかったです。なにしろ販売がメインで力仕事はそれほどでもない、って聞いていたのですが、女子にはちょっとハードでしたね。


出してきたサンプルを今度は持ってきたテーブルの上や棚の上、壁のフックなどに展示していきます。いよいよ本番の展示販売がはじまります。
私の仕事はサンプルの説明をして、注文を受け、伝票に記入して発送の承りをするところまでです。


お客様は業者の方ばかりなので、商品を見に来た人にはなるべく名刺をいただいてください、とも言われました。展示会はその場で売り上げが立つよりも、受注したり今後へつないでいくのがメインのイベントなので、こちらのお店の名刺もできれば渡していくようにということでした。販売の経験は商品説明などの接客ばかりでなく、お客様と会話をしながら、そういった今後へつなぐという活動にも役立ちました。


展示会の会期は5日間で、最終日はまた初日の反対で撤収業務。これも結構な肉体労働になりました。


でも、学生時代のようなバイト経験をさせてもらって楽しかったのと、主婦でもお仕事をいただける機会があるということが大変うれしく思いました。お給料も時給ではなくて日給で1万円というのもこのご時世にありがたかったです。またイベント業務のような期間限定のお仕事があれば参加したいです。

主婦歓迎のアルバイトを探す

関連記事

初めてのイベントコンパニオンのバイト  
日給の額につられてイベント会場の荷物運び、酷い筋肉痛でもやり遂げて大金を得た 
楽しかったアニメのイベントのアルバイト体験談 
面白かったコンサート会場設営のバイト
携帯電話販売のイベント業務