アルバイトの案件や体験談を紹介。楽しく稼いで良い生活を!

初めてのイベントコンパニオンのバイト

 >  >  > 初めてのイベントコンパニオン

投稿者:ゆかりさん

私が学生だったときにずっとしていた唯一のアルバイトは、コンビニの店員でした。しかし、短大を卒業するときにそのバイトは辞めることになっていましたので、卒業後に内定が決まっていた会社の近くに引っ越すためにの資金として、就職するまでの間の時間を利用して、短期間で高収入のアルバイトはないかと探していました。その時に見つけたのが、「イベントコンパニオン」というものでした。


私はとても人見知りだったのですが、思い切って応募してみたのです。新規オープンのガソリンスタンドでのアルバイトだったのです。それはとても思い出に残るものでした。


1日8時間勤務で日給1万円という、私にとっては高額なものでした。そこでは、アメリカ国旗柄のトレーナーにミニスカートの制服を着用し、ガソリンスタンドの周りに立って、フラッグを振ってお客様を呼び込むというものでした。


その他に、来店したお客様にくじを引いてもらって、景品の箱ティッシュを渡すということを他のメンバーと交代で行っていました。最初は恥ずかしかったのですが、そこでは他の学校の学生がいて、とても楽しかったです。


朝から夕方までの立ち仕事がほとんどでしたのでとても疲れましたが、メンバーが女性ばかりでしたので、女子高のような感じで話がはずんで、楽しくて疲れも半減されました。イベントの期間は1週間でしたが、私は引っ越し代の3万円が必要だったので3日間だけ働いて辞めてしまいましたが、そこで知り合った子たちとは今でも連絡を取り合ったりすることもあります。


短期間のバイトをするときは、いつもイベント系のものを探し、時給や日給が高いものを探すようになりました。宴会の席のイベントコンパニオンではなく、新規オープンのお店などで、お客様を呼び込みするお手伝いの仕事はとても楽しく、人見知りだったけれど、意外にも私の性に合っていたようです。


短期間ではありますが、いろんな人と接するという経験は今でも活かされていると思います。人見知りせずに、相手を思いやって接するということも学べたからです。


今は出産をきっかけに専業主婦となりましたが、学生時代に経験したものがとても良い思い出となっているので、子供に手がかからなくなってまた働ける時間ができたら、イベント業務のお仕事もいいかな、と思うほどです。私のように人見知りで、そういった仕事を遠慮している人でも一度体験されてみて、新しい世界と新しい自分に出会える良い機会になると思います。

イベントコンパニオンのアルバイトを探す

関連記事

日給の額につられてイベント会場の荷物運び、酷い筋肉痛でもやり遂げて大金を得た 
楽しかったアニメのイベントのアルバイト体験談 
フリーター主婦のバイト経験  
面白かったコンサート会場設営のバイト
携帯電話販売のイベント業務